【2/29まで】オーディブル2ヶ月無料キャンペーン実施中

オーディブルで英語の聞き流しはできる?おすすめの英語コンテンツを紹介!

5 min

Amazonが運営するオーディブルは、実は英語学習にも使えるのをご存知でしょうか?

オーディブルには耳で覚えるフレーズ集や、スピードラーニングのような聞き流しコンテンツ、英語の原著版など様々なコンテンツがあります。

そこで本記事ではオーディブルの英語コンテンツが聞き流し学習に使えるかどうかを解説します。

実際に半年間使ってみて、オーディブルは英語表現の幅を広げるのに有効だと感じました。

英語の聞き流しに興味のある方はぜひ最後まで御覧ください。

\2/29まで2ヶ月無料キャンペーン開催中!/

本記事のリンクには広告が含まれています。

オーディブルで英語の聞き流しはできる?

オーディブルを活用すれば、聞き流しによる英語学習が可能です。

オーディブルで英語の聞き流しができる理由を紹介します。

オーディブルには英語コンテンツが多数ある

オーディブルには幅広いジャンルの英語コンテンツが存在します。

児童向けの簡単な内容の本や本格的な小説、単語・フレーズ集など、様々なジャンルがあるので自分の興味に合わせて作品を選べます

朗読はネイティブの発音で聞くことができるため、実際の会話で使われる自然な表現やイディオムを学ぶ上で非常に有意義です。

オーディブルで聞けるコンテンツは、記事の後半で紹介しています。

日本語と交互に読んでくれるので初心者も安心

英語初心者の場合、英語だけ流れて来ても理解できるか不安になる方もいらっしゃると思います。

オーディブルには英語の原文と日本語訳を交互に読む「バイリンガル版」が用意されているものもあります。

すべてのオーディオブックがバイリンガル版に対応しているわけではありません。

バイリンガル版は、理解が難しい箇所を日本語で確認しながら聞くことができるため、英語初心者でもストーリーや内容を途中で見失うことなく英語学習が可能です 。

マギー

マギー

文脈を掴みやすく、英語のリスニングとリーディングの両方を効率よくトレーニングできます。

子供向けの児童書もある

オーディブルでは子供たちを対象にした児童書も多く取り揃えており、親子で英語に親しむきっかけ作りに最適です。

自分が英語を話せなくても、プロののナレーターによる明瞭な発音で聞くことが可能なため、子供たちに自然に英語のリズムや発音を教えることができます。

また児童向けのオーディオブックは英単語も簡単なので、英語初心者にもおすすめです。

\2/29まで2ヶ月無料キャンペーン開催中!/

実際にオーディブルで英語学習した感想

ここからは実際に筆者がオーディブルを英語学習に活用して感じたことを紹介します。

複数の教材を気軽に切り替えられる

オーディブルには多数の英語教材がラインナップされてます。

ジャンルが豊富なので、気分や英語のレベルに合わせて気軽にコンテンツを変更できるのがとても良かったです。

マギー

マギー

日常英会話からビジネス英会話まで目的に応じたリスニング教材を選べる点は大変便利でした。

疲れたときは物語を楽しみながら英語耳を養うこともできるため、無理なく継続できます。

運転中に気軽にシャドーイングができる

オーディブルのメリットは、移動時間を有効活用できる点です。

私は車で通勤しますが、車通勤とシャドーイングという学習方法の相性が抜群です。

耳で聞いた英文をそのまま繰り返すシャドーイングで、発音やイントネーションの向上を感じました。

マギー

マギー

オーディブルなら、他の英語アプリなどと違い画面操作が不要なので運転中も安心です。

初心者から中級者向けまで幅広く作品がある

オーディブルのラインナップには、初心者向けの教材から中級者以上でも楽しめる英語の原著まで、幅広くカバーされています

リスニングレベルが異なる学習者でも、それぞれに適した教材を選べるので、無理なく次の段階に挑戦できると感じました。

また英語圏の文化や習慣に関する内容が含まれているものもあるため、興味を持ちながら英語学習を続けられたのも良かったです。

テキストがないので聞き取れない単語があることも

オーディブルではテキストを用いずに学習を進めるため、耳だけで聞き取る必要があります

これはリスニング力を鍛えるには良い方法ですが、聞き取れない単語や表現が出てくると学習に行き詰まりを感じることもありました。

マギー

マギー

聞き取れなかった単語をあとから調べるのに苦労しました…

英単語やフレーズ学習に特化したコンテンツなら、注釈が都度入るので問題ありません。

洋書は聴き放題の対象ではないことが多い

オーディブルでは、多くの教材が聴き放題のサービスに含まれていますが、残念ながら洋書の小説などは対象外の場合があります。

単体で購入すると追加費用がかかるので、原著を耳でたくさん聴きたい方には物足りないかもしれません。

オーディブルの聴き放題ラインナップは入会前にAmazonのオーディブルストアで確認できます。

\2/29まで2ヶ月無料キャンペーン開催中!/

オーディブルでおすすめの英語コンテンツ

この章ではオーディブルでおすすめの英語コンテンツをタイプ別に紹介します。

オーディブルでおすすめの英語コンテンツ

単語・フレーズ学習におすすめのオーディオブック

オーディブルには英単語や言い回しの学習に特化したコンテンツが多数ラインナップされています。

その中から特におすすめのものを紹介します。

キクタン英会話【初級編】(アルク)

著者アルク
ナレーターChris Koprowski, Julia Yarmakov, 水月優希, 高橋大輔
再生時間1 時間 45 分

パターンで覚える! 英会話フレーズ2000

著者アルク
ナレーターChris Koprowski, Julia Yarmakov, 水月優希, 高橋大輔
再生時間1 時間 45 分

1つの単語・フレーズを軸に、複数の言い回しを覚えることができるテキストです。

置き換えについてはこちらの動画も参考になります。

章が細かく区切ってあるため、復習もしやすかったです。

初心者向けのオーディオブック

オーディブルでは日本語の解説が充実している初心者向けのコンテンツが豊富です。

スピードラーニング英語 初級 1巻から24巻

著者エスプリライン
ナレーターエスプリライン
再生時間29 時間 48 分

スピードラーニングは2010年代にCMを売っていた聴き流しの英語コンテンツです。

スピードラーニングでは、英語のフレーズと日本語の解説を口語に聞けるので、誰でも気軽に聴き流しができます。

聞き流すだけで英語をマスター:ピーターラビット

著者小分割/和英順方式普及会
ナレーターKatie Adler, 妙
再生時間1 時間 4 分

こちらはピーターラビットのバイリンガル版です。

日本語訳と原文が交互に読まれるので、意味を理解しながら英語を聞けます。

Winnie the Pooh

著者Disney Book Group
ナレーターDisney Book Group
再生時間28 分

誰もが知っているくまのプーさんの英語版オーディオブックです。

日本語訳はついていませんが、使用されている単語が簡単で、登場キャラクターわかりやすいので初心者の方におすすめです。

中級者以上におすすめのオーディオブック

より実践的に英語を学習したいという方には、以下の作品がおすすめです。

「赤毛のアン」で英語づけ

著者茂木 健一郎
ナレーター藤谷 文子
再生時間7 時間 2 分

赤毛のアンから現文をピックアップし、英語を学ぶ教材です。

英文が連続で読まれる時間が長いため、中級者以上でないと聞き取りは難しいですが原著から英語表現を学びたい方にはおすすめです。

ビジネス英会話 English@Work In Silicon Valley (第1~4章)

著者English Vitamin
ナレーターEnglish Vitamin
再生時間50分

English Vitaminはいくつかの英語学習教材をリリースしています。

特徴は英会話教室のようにレッスンが基本英語で進められることです。

フレーズの解説などは日本語で進められますが、英語中心で話が進むので初心者向けの教材よりもより英語をたくさん聞けます。

VOAニュースフラッシュ2021年度版

著者アルク
ナレーターアルク
再生時間1 時間 32 分

アルクが刊行するVOAニュースフラッシュの音声コンテンツのみを抜き出したものです。

書籍版には原文と日本語訳が付属していますが、オーディブル版にはテキストがないため聞いて上級者向けのコンテンツになります。

実際のインタビュー・スピーチの音声が流れるのでより実践的な聞き取りの訓練がしたい方にはおすすめです。

オーディブルは30日間無料で試せる

本記事ではオーディブルの英語学習について紹介しました。

記事を読んでオーディブルが英語学習に活用できるか不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめなのがオーディブルの30日間無料トライアルです。

無料トライアル期間でも、有料会員と同様に何冊でも好きな本を聴けるので、自分に合った英語コンテンツがあるかぜひ試してみてください。

\2/29まで2ヶ月無料キャンペーン開催中!/

記事下アドセンス広告
マギー

マギー

時短や自動化が大好きな20代会社員です。
家事や日常のちょっとした手間を省いてくれるスマート家電の魅力を発信していきます!

カテゴリー:
タグ:
関連記事