【Philips Hue モーションセンサーレビュー】高機能でどこにでも設置できるモーションセンサー

5 min

こんにちは。スマートライト使用歴1年・スマートライトをこよなく愛するマギーです。

このブログではPhilips Hueというスマートライトをおすすめしています。

Philips Hueのおすすめポイントの一つは商品のラインナップが豊富な点です。

マギー

マギー

2012年から展開されているHueには様々なラインナップが展開されています。

その1つがHue モーションセンサーです。

モーションセンサーって何ができるの?

そんな方のためにこの記事ではHue モーションセンサーの取り付け方法から実際に使ってみて気づいた良かった点・イマイチな点までを徹底的に解説していきます。

良かった点
  • 時間帯に応じてライトのアクションが変えられる
  • アプリから細かな調整が可能
  • 取り付け位置が自由
  • 照度センサーを使った省エネ
イマイチな点
  • 選べる時間帯が2通りだけ
  • Hueシリーズとセットでしか使えない

この記事を読めば、Hueモーションセンサーをご自身で使うイメージがつかめはずです。

結論からいうとHue モーションセンサーは感度などを細かく調整できる優れたデバイスでした。

Hue モーションセンサーとは

まずは今回紹介するPhilips Hueモーションセンサーについて基本的な情報を紹介していきます。

基本情報

Hueモーションセンサーのスペックは以下の通りです。

サイズ 高さ:5.5 cm
幅:5.5 cm
奥行:3 cm
電源方式単4電池 × 2本
取り付け方法マグネット or ネジ
価格¥4,160

電源方式は電池式で、単4電池2本で動きます。

裏面を開けて電池交換できます

モーションセンサーとは

モーションセンサーとはその名の通り人の動き(モーション)を検出するセンサーです。

人の動きに合わせて電気のON・OFFをするので、

  • スイッチを押さなくても電気が勝手につく
  • 電気の消し忘れがなくなる

といったメリットがあります。

Philips Hueのラインナップの一つ

Hue モーションセンサーはPhilips Hueというスマートライトのラインナップの一つです。

Hue モーションセンサーはセンサー単体なので他のHueラインナップの商品と連携が前提です。

Hue モーションセンサーの特徴

ここからはHue モーションセンサーの特徴を紹介します。

人感センサー+照度センサー

Hue モーションセンサーは人感センサーの他に照度センサーが内蔵されています。

この照度センサーによって十分に照度があるときは人を検出してもライトをつけない設定ができます。

人感センサーと照度センサーがセットになっているものはスマートライトの中でHue モーションセンサーだけです。

取り付け用のねじとマグネットが同梱されている

Hue モーションセンサーには以下のものが同梱されています。

  • Hue モーションセンサー本体
  • 取り付け用のマグネット
  • ネジ

取り付け用のマグネットは本体の背面にピッタリくっつくマグネットです。

マグネットの中央には穴が開いていて、マグネットのねじ止めもできます。

取り付けに必要なものは全て同梱されているので追加で何かを購入する必要はありません。

取り付け方法は2通り

Hueモーションセンサーには2通りの設置方法があります。

マグネットで設置する

マグネットがつく金属面などにHue モーションセンサーを取り付けたいときは、マグネットを間に挟んで取り付けできます。

  1. STEP

    設置したい位置にマグネットをつける

    モーションセンサーを設置したい位置にマグネットを取り付けます。

  2. STEP

    Hue モーションセンサーをマグネットにくっつける

    マグネットにHueモーションセンサーをくっつければ取り付け完了です。

    マギー

    マギー

    マグネットの磁力が強いので落ちてくる心配はありません。

ねじで設置する

マグネットがつかない部分に設置したい場合はねじで固定します。

  1. STEP

    ねじでマグネットをとめる

    取り付けたい場所にねじでマグネットをとめます。

  2. STEP

    マグネットにHue モーションセンサーを取り付ける

    ねじで止めたマグネットにHue モーションセンサーを取り付ければ完了です。

初期設定はHueアプリから

初期設定はPhilips Hueアプリ簡単にできます。

Philips Hue
Philips Hue
開発元:Signify Netherlands B.V.
無料
posted withアプリーチ
  1. STEP

    アプリから同期する準備をする

    Philps Hueアプリを開き、設定からアクセサリーを選択します。

    マギーさんによるHue-Motion-Sensor-Initial-Setup-Step1
  2. STEP

    プラスチックストリップを引き抜いて同期する

    アプリの指示に従い本体裏面から出ているプラスチックストリップを抜きます。

    プラスチックストリップを抜いたらLEDが点滅していますを選択して次に進む。

    Tsuyoshi ImagiさんによるHue-Motion-Sensor-Initial-Setup-Step2
  3. STEP

    モーションセンサー設定をする

    同期が完了したら続いて初期設定を行います。

    マギーさんによるHue-Motion-Sensor-Initial-Setup-Step3

    以上で初期設定は完了です。

Hue モーションセンサーの特徴まとめ

ここまではHue モーションセンサーの特徴を紹介してきました。

Hue モーションセンサーの特徴
  • 赤外線センサーと照度センサーがついている
  • 取り付けに必要なねじとマグネットが同梱されている
  • 2種類の取り付け方法がある
  • 設定はPhilips Hueアプリから簡単にできる

良かった点

ここからは実際にHueモーションセンサーを使用してみて良かった点についてあげていきます。

時間に応じてライトのアクションが変えられる

Hue モーションセンサーでは動きを検出した時間帯に応じてアクションが変わります。

マギー

マギー

自分のライフスタイルに合わせて明るさを調整できるので本当に便利です!

アプリから細かな調整が可能

Hue モーションセンサーでは人の検出に関して以下の2つが設定できます。

  • センサーの感度
  • OFFになるまでの時間

この2つを調整することで、人がまだいるのに電気が消えてしまうという事態を回避できます。

マギー

マギー

モーションセンサーに対して細かな設定ができるのはストレスなく使うために重要なポイントです。

センサーの取り付け位置が自由

センサーの取り付け位置が自由に選べるのもHueモーションセンサーの良かった点です。

Hueモーションセンサーは電池式のため配線不要で好きな場所に設置できます。

配線不要でどこにでも設置できる

コンセントがない部屋でも使用できるのでどんな間取りにも設置が可能です。

照度センサーを使って省エネ

Hueモーションセンサーは内蔵されている照度センサーで人の動きと一緒に部屋の明るさもみています。

照度センサーの設定画面

部屋がライトなしで十分明るい場合は人の動きを検出しても電気をつけないので省エネできるのがとてもよかったです。

マギー

マギー

玄関や廊下などの自然光が取り込まれる場所では使う時には重宝する機能です。

イマイチだった点

Hueモーションセンサーは個人的に大満足なのですが、強いてあげるなら以下の2つのポイントがイマイチでした。

時間帯が昼間と夜間の2通りだけ

ライトの切り替えができるのはHueモーションセンサーの良い点なのですが、この切り替えのパターンが2通りしか選べないのが少し残念に感じました。

マギー

マギー

個人的には朝・昼・夜と3パターン以上は設定したかったです。

使用するためにはHue シリーズをそろえる必要がある

冒頭で紹介した通りHue モーションセンサーはPhilips Hueシリーズのラインナップの一つです。

使用するためにはHue ブリッジやHue シングルランプなどの商品も購入する必要があります。

ですのでとにかく安くモーションセンサーを使いたいという方にはHueモーションセンサーはおすすめできません。

まとめ

今回はHue モーションセンサーをレビューしました。

Hue モーションセンサーの良かった点とイマイチな点は以下の通りです。

良かった点
  • 時間帯に応じてライトのアクションが変えられる
  • アプリから細かな調整が可能
  • 取り付け位置が自由
  • 照度センサーを使った省エネ
イマイチな点
  • 選べる時間帯が2通りだけ
  • Hueシリーズとセットでしか使えない

Hue モーションセンサーは取り付け場所が自由に選べて、アプリから細かい調整ができる汎用性の高いセンサーでした。

ただしPhilips Hueシリーズとセットで使用する必要があるので、導入のハードルは高めです。

Philips Hueをすでに導入している、もしくはPhilips Hueに興味があるという方には非常におすすめです。

このブログではPhilips Hueの他のラインナップについても詳細に解説していますのでよろしければ関連記事もご覧ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA