Hue フロアライト・テーブルランプレビュー|空間を彩るのに最適な間接照明

5 min

どうも、スマートライト使用歴3年・スマートライトをこよなく愛するマギーです。

皆さんは部屋の雰囲気を照明を使って変えてみたいという方はいらっしゃいませんか?

もし簡単に実施できるなら試してみたいかも!

今回は置くだけで部屋の雰囲気をガラッと変えられる、Hue フロアライトHue テーブルランプについて紹介します。

この記事を読むとわかること
  • Hue フロアライトとテーブルランプの特徴
  • Hue フロアライトとテーブルランプの良かった点
  • Hue フロアライトとテーブルランプイマイチな点

これまで10種類以上のスマートライトを使用してきたマギーが、気になるポイントをレビューしていきます。

この記事はメーカーから製品レンタルを受けて作成しています。

目次上 アドセンス広告

Hue フロアライト・テーブルランプの特徴

Hue フロアライトテーブルランプは2022年11月に日本新発売された製品です。

イメージ
Hue フロアライト

Hue テーブルランプ

Hue ライトチューブ
サイズ本体高さ:145.8 cm
台座直径:11.1 cm
本体高さ:53.3 cm
台座直径:11.1 cm
長さ:87.7 cm
高さ:3.4 cm
奥行:3.1cm
明るさ~2,220 lm~1,040 lm~1,540 lm
カラー1,600万色以上1,600万色以上1,600万色以上
グラデーション機能搭載搭載搭載
Bluetooth接続対応対応非対応
Hue Sync対応対応対応
価格¥44,800¥29,800¥26,800
Amazonで見るAmazonで見るAmazonで見るAmazonで見る

Hue フロアライト、テーブルランプと似た仕様で横置きのHue ライトチューブもラインナップされています。

この記事ではHue フロアライトとテーブルランプについて紹介します。

Hue フロアライトとテーブルランプの特徴
  • フロアライトとテーブルランプの2サイズ
  • 電源はコンセントから供給
  • 1,600万色のフルカラーに対応
  • 5つのセグメントでグラデーションを表現
  • スマホアプリで簡単に設定できる

デザインとサイズ

諸元Hue フロアライトHue テーブルランプ
高さ145.8 cm53.3 cm
チューブの直径2.2 cm2.2 cm
台座のサイズ直径11.1 cm
高さ20 cm
直径11.1 cm
高さ4 cm

Hue フロアライトとテーブルランプは、どちらも部屋の壁面を照らす間接照明です。

チューブの光る面を壁に向けて使用します。

Hue フロアライトは高さ145.8 cmと大型なので、これ一つでかなりの存在感があります

Hue フロアライトよりも高さが低く、テーブルやテレビ台などに置くのにちょうどいい大きさです。

電源方式

Hue フロアライトとテーブルランプはどちらもコンセントの100V電源が必要です。

フロアライトは本体から電源プラグが直接出ていて、テーブルランプは付属のACアダプタから電源を供給します。

1600万色に対応

Hue フロアライトとテーブルランプはどちらも1,600万色のフルカラー照明に対応しています。

スマホアプリのカラーパレットから直感的に操作できるので、簡単です。

5つのセグメントでグラデーションが表現できる

Hue フロアライトとテーブルランプは上下に長い形状が特徴的ですが、内部で5つのセグメントに別れています。

グラデーションで部屋を彩れるので、普通の照明とは一味違った雰囲気づくりができます。

設定はスマホアプリから

Philips Hue
Philips Hue
開発元:Signify Netherlands B.V.
無料
posted withアプリーチ

Hue フロアライトはHueアプリ、もしくはHueのBluetoothアプリを使って設定できます。

≫HueブリッジとHue Bluetoothアプリの違いについてはこちらの記事で紹介しています。

ここではHue ブリッジを使った設定方法について紹介します。

  1. STEP

    コンセントに接続する

    まずは設定をするために、本体のコンセントを繋ぎます。

  2. STEP

    Hue アプリを立ち上げる

    Hue アプリを立ち上げて設定タブを開きます。

  3. STEP

    ライトを追加を選択

    設定タブで”ライト”を選択すると、右上に”+”マークが出てくるのでそれをタップします。

    ランプが見つかったら、設定を開始するをタップします。

  4. STEP

    名前を付ける

    Hueではライト1つ1つに名前を付けられます。自分がわかりやすい名称に設定しましょう。

  5. STEP

    使用する部屋を選んで完了

    最後にどの部屋で使用するかをドラッグ&ドロップで選択して、設定は完了です。

Hue フロアライト・テーブルランプの良かった点レビュー

ここからはHue フロアライトテーブルランプを実際に使ってみて、良かった点をレビューしていきます。

Hue フロアライトとテーブルランプの良かった点
  • 組み立て不要ですぐに設置できる
  • 誰でも簡単に空間を演出できる
  • Hue Syncと使うと没入感がすごい
  • 簡単な操作はBTアプリでできる

組み立て不要ですぐに設置できる

Hue フロアライトとテーブルランプは、そのままの姿で梱包されてくるので自分で組み立てを行う必要がありません。

コンセントを挿せばすぐに使えるので、インテリアの組み立てが苦手な方でも大丈夫です。

誰でも簡単に空間を演出できる

Hue フロアライトとテーブルランプは本体のデザインが優れているので、ただ置くだけでもいい感じに間接照明として働いてくれます。

ですので、これまで間接照明を使ったことがない方でも安心です。

またPhilipd Hueアプリには照明デザイナーが作った照明テンプレートがあるので、テンプレートから気に入った配色を選ぶだけで大丈夫です。

テンプレートから選ぶだけでよいのは便利ね!

Hue Syncと使うと没入感がすごい

Philips HueにはHue Syncという映像と照明を連携する機能があります。

Hue フロアライトやテーブルランプはHue Sync対応製品なので、没入感の高いエンターテイメント空間の作成に役立ちます。

特にHue フロアライトは部屋全体を照らしてくれるので、没入感が高いです。

Hue Syncについてはこちらの記事で紹介しています。

簡単な操作はBluetooth接続でできる

HueにはHueブリッジを使って接続する方法と、Bluetooth接続を使う方法があります。

Bluetooth接続の場合、機能は制限されますがWi-Fi環境がなくても操作可能です。

HueのBluetooth接続についてはこちらの記事で紹介しています。

見出し_アドセンス広告

Hue フロアライト・テーブルランプのイマイチな点レビュー

Hue フロアライトとテーブルランプは部屋を彩るのにはうってつけの間接照明ですが、いくつか残念なポイントもあしました。

Hue フロアライトとテーブルランプのイマイチな点
  • 電源のON/OFFボタンがない
  • 日本だと本体カラーは黒のみ

電源のON/OFFボタンがない

Hue フロアライトとテーブルランプには本体にボタンがありません

なのですべての操作はスマホアプリかスマートアシスタント、もしくは別売りのリモコンで行う必要があります。

電源をON/OFFするためにいちいちスマホを開くのが面倒という方には、別売りのアクセサリーも存在するのでそちらもご確認ください。

日本だと本体カラーは黒のみ

日本で発売されているHue フロアライトとテーブルランプの本体カラーは、ブラックのみです。

ですので白を基調としている部屋では少し目立つかなと感じました。

マギー

マギー

海外ではホワイトのラインナップも存在するので、国内でホワイトが販売されると嬉しいですね!

Hue フロアライト・テーブルランプレビューまとめ

今回は2022年11月に新たに発売されたHue フロアライトとテーブルライトについてレビューしました。

良かった点
  • 組み立て不要ですぐに設置できる
  • 誰でも簡単に空間を演出できる
  • Hue Syncと使うと没入感がすごい
  • 簡単な操作はBluetooth接続でできる
イマイチな点
  • 電源のON/OFFボタンがない
  • 日本だと本体カラーは黒のみ

Hue フロアライトとテーブルライトはグラデーション機能で部屋の雰囲気を変えるのにピッタリの間接照明です。

Hue Syncと一緒に使えばワンランク上のエンターテイメント空間を作りだすことも可能です。

リビングやエンターテイメント空間を彩りたい方はお試しください!

記事下アドセンス広告
マギー

マギー

時短や自動化が大好きな20代会社員です。
家事や日常のちょっとした手間を省いてくれるスマート家電の魅力を発信していきます!

カテゴリー:
関連記事